操縦およびコントロール製品
民間機用コントロールホイール
スロットルレバー、スピードブレーキ
ロータリースイッチ、エンコーダ
パイロット用通話マイク、ヘルメット

 

パイロットのフィールを重視したコントロール製品について50,000点のライブラリを揃えております

沿革
最初のグリップは1940年代後半にP-80 (F-80)用として採用されました。X-15, A-1, B-58, F-86その他の航空機・ロケット用グリップについては開発実験段階から手がけており、操縦ハンドルについてはノースアメリカンセイバーライナーに採用され、後にはC-5、C-130、Kingair、Queenair、Jetstar、SD3-60、Westwind II およびGulfstream II などの機体にも搭載されるようになりました。更にはベル、バートルヘリコプター、そしてロッキードAH-56にも私共のグリップが採用されるに至りました。
今では最新鋭の民間機、戦闘機、装甲車両、ヘリコプターなど多機種にわたりMason社製品が搭載されており、更には顧客からの高い評価により、F22ラプター、JSF-35、F-117などの他メーカーの操縦系統も全てMason社製品に切り替えるお話を戴いております。
1996年にはEsterlineグループの傘下となり、2002年には、1947年創業のスイッチメーカーJanco社と合併致しました。

カンパニーインフォメーション

  • トヨタ生産方式に学びリーン生産方式を採用
  • 3つのバリューストリーム
    ハンドルおよびグリップ製造
    ロータリースイッチ製造
    トグルスイッチ製造
  • SPCにてプロセスを統計的に管理・掲示し、不具合の未然防止活動を行っております
  • コンカレントチームにより最小コストでの開発に取り組む

認証

  • Lockheed/Martin “Star Supplier“
  • Malcolm Baldrige (Self Assessed)
  • Boeing D1-9000, Level 6.32
  • Boeing Preferred Supplier, Bronze Level
  • Sikorsky Aircraft S-2000
  • ISO 9001:2001およびAS9100A:2001
  • FAA Air Agency Certificate

 デザインおよびエンジニアリング

  • プログラム管理
  • メカニカル/電気的設計
  • COSMOSによるFEA解析
  • ソフトウェアデザイン
  • ツールデザイン
  • モデリング
  • データ
  • ラピッドプロトタイプ(レーザー焼結)
  • レーザースキャン
  • ヒューマンエンジニアリング
  • SolidWorks-パノラミックソリッドモデリング
  • Solid Worksアニメータ
  • デジタルインターフェイス, 回路デザイン, 多機能型
    コントロールハンドル・グリップ製品のソフトウェア開発

海外における主要顧客

 

ホイール
および
グリップ
  民間機用ホイールをはじめ、戦闘機向けに各種グリップを取り扱っております。
特にヘリコプター用途では多機能型のAH-64用向けにサイクリック、標的、コレクティブグリップを生産しております。
コントロール   S-92用スロットルレバー(右上)やアームレストタイプコントローラ、また着陸操作、装甲車両用向けの標的、ガンコントロール製品などがございます。
ブームタイプの空中給油をコントロールするコントローラも同社で製造されております。
ハンドタイプ
コントローラ
  L-3向け陸上車両に搭載されているモニター付き積込み型のコントローラ(左上)や、ロッキードやレイセオン向けにFLIR(前方赤外線監視装置)コントロールを製造しております。
また小型無人機を遠隔操作するモニター付きハンドコントローラもございます。
カーソル
コントロール
  V22オスプレー用ホバーコントローラー(写真上)をはじめ、画面をスクロールするカーソルコントロールデバイスを提供しております。(右下)ビジネスジェットにおいてはガルフストリームにも搭載されているアームレストにて操作が可能なコントローラもございます。
その他   ファイアシャットオフ、スピードブレーキなどのレバー付製品のほか、チャートフォルダ、オートブレーキ、火災や高度コントロールスイッチなども取り扱っております。GX、ボンバルディア、ガルフストリーム、B747、B777、B787に搭載
スイッチ
および
トランスデューサ
  日本のプラットフォームにはF-15、C-130H、F-2、P-3C、US-2、MH-53、OH-1、UH-60J、SH-60K、FFOS、ペトリオットなど多数搭載されております。

ロータリースイッチ製品

他社製品との違いは、長寿命で強度に優れる点、殆どのボーイングシリーズに搭載されています

ロータリースイッチ MIL規格ロータリースイッチ
4M (MIL-DTL-3786/4)
13M (MIL-DTL-3786/13)
V-22、CH-47に搭載
プッシュボタンスイッチ MIL規格品シリーズ
2800 (MIL-PRF-22710/18)
2900 (MIL-PRF-22710/23)
NVISアップグレード可能
パネル、無線機向け
スイッチモジュール AD、AC、BDモジュール
はんだ付け不要のクイック装着のスイッチで、ファンスピード、無線コントロール、温度コントロールに適応。B777に搭載
PCB スイッチ EC、EE、EFシリーズ
最大0.1AのローレベルタイプEFシリーズは250,000サイクルグラスコックピットパネルライティングに適応
ポテンショメータ PA、PBシリーズ
MIL-R-39023に準拠
明るさ調整、温度、オーディオコントロールに対応
オプティカルエンコーダ JE1:シングルチャンネル、ボタン付
JE2:デュアルチャンネル、ボタン付
JEH:高解像度(256 PPR)
JET:サムホイール(パテント)
F-22、JSF-35にも搭載
ホールエフェクトスイッチ マグネットによる接点無しの耐環境性能を重視したスイッチ
アビオニクス、スクロール選択、カーソル、モーションコントロール、トラックボールに適応
マルチファンクションユニット 1、2、5、8の組み合わせで省スペースに対応し、ギャレー(コックピット)に適応
データローダ コックピットアビオニクス向けプリフライト用途に適応
ボンバルディアに搭載