Great River Technology社
大容量デジタル画像データ転送システム
(HOTLINK II & ARINC 818/FC_AV)

 

この10年間GRT は、多くのFCAV(ARINC 818) プロジェクトに参画してまいりました。事実、FACVに関してGRTは、プロトコルを広範な周波数、アプリケーションに実装してきたパイオニアです。 GRTの FCAV ボードと開発ツールは、エアバス、ボーイング、ハネウェル、コールスマン、ロックウェルコリンズ、スミス・エアロスペースなど各社で利用されています。

 

HOTLINK IIビデオカード(HL2V)フレーム・グラバー&カメラ・エミュレータ

米国GRT社のHOTLink II ビデオカードは、ファイバー・チャンネルとFC-0 及び FC-1 層で互換性があるCypress 社HOTLink II インターフェースに基づき製造されています。
カードは、160 Mbps から 1.5 Gbpsのデータレート間で広範なビデオフォーマットに対応しております。カードには、標準PCモニターで表示可能なSXGAビデオポートが組み込まれています。
二重の16Mbps画像保存機能により、HOTLink II からPCIへ、HOTLink II からSXGAモニタへの
乱れのないデータ転送が可能です。

 

HOTLINK IIビデオカード(HL2V)

新しい GRAVITY シリーズのHOTLink データ カードは、HOTLink IIファイバーチャンネルを用いた高速2点間データ転送用の柔軟性に富む市販ソリューションです。 HOTLink II は、160 Mbps から 1.5Gbps までのボーレートをサポートし、効率的でオーバーヘッドの少ないプロトコルが望まれる場合の明確な選択肢です。
HOTLinkベースのインターフェースの技術開発、工場試験等を含む広範なアプリケーションに応用出来ます。またどの様な個別仕様のHOTLinkプロトコルにも対応出来る柔軟性があります。