米国ADACEL 社
航空宇宙システム/シミュレータ向け音声認識システム
UAVスピーチ駆動システム
スピーチ駆動認識システム 
シミュレータ用システム

航空宇宙システム/シミュレータ向け音声認識システム

Voice Activated Cockpit - 知的スピーチ認識を用いてパイロットの負荷を低減し効率と安全性を向上。
Operational and Mission Systems – 先進のスピーチ認識を用いてより効果的なコマンド&コントロールとの相互作用を提供。
Unmanned Air Vehicles – UAV制御への先進スピーチ認識利用による効率と安全性の向上。
Intelligent Communications Environment (ICE) – は、知的コンピュータエージェントで実在の人間を模擬する作用をさせる先進スピーチ認識アプリケーション開発に適用される再利用可能な枠組み。

Adacel は、正確で耐ノイズ性スピーチ認識アプリケーションの世界リーダーです。Adacel 所有の知的ポスト処理、文法開発ツールキットと自動スピーチエンジン最適化により、最も過酷なF35JSFなどへのスピーチ認識システムの提供で羨望の評価を得ています。

シミュレーションや訓練環境の様なアプリケーションでは、スピーチシステムは、理想からかけ離れた状況にあります。人間は基本言語から逸脱する傾向にあり、個人または地域のパターンを注入しがちです。感嘆や虚辞が、しばしば通常の話し方に浴びせかけられます。特に会話中に他の事を行っていると “うー” とか “うむっ“ などのドモリが長めの発声に見受けられるようになります。この他に複雑化させるものに環境があります、通常の会話は感情、ストレス、その他心理的効果に影響を受けます。これら全ての偏向は、自動交話認識(ASR)の処理を複雑にします。

 

スピーチ駆動認識システム

Adacel は、民間、防衛用航空機のコックピット制御用音声認識分野のリーダとして認識されています。

  • F35 Lightning IIのスピーチシステムの開発者
  • Rockwell Collins 社Pro-Line Fusion Avionicsのスピーチ認識インターフェースの提供者
  • UAV のスピーチ制御プロトタイプの研究開発
  • Beech Baron の自動操縦装置インターフェースのスピーチインターフェース利用のデモンストレーション
  • Boeing Apache ヘリコプターのスピーチインターフェースのプロトタイプ研究開発
  • Boeing CF-18のスピーチインターフェースのプロトタイプ研究開発

Adacel は、いくつものシステムと要求の厳しい航空機コックピット環境でスピーチを認識するシステムの正確さを最高にする開発ツールを開発して来ました。この知的所有権を利用する事により、競合他社より正確で速く、ローコストである事を可能にしました。加えて Adacel は、非常に厳密な品質保証とコーディング標準に従った実世界システムを開発しています。それは、必要な認証基準を満足するでしょう。

 

UAV スピーチ駆動システム

UAVのコントロール・ステーションには、複数のメニューページが有り、キーボードを押下する事によりシステムへのアクセスを行います。スピーチベースの入力を使う事は、オペレータがメニューをナビゲートし、オプションを選択するのをより迅速にするでしょう。この実験で、従来よりの手動入力とスピーチ入力による、オペレータがUAVのコントロール・ステーション・シミュレータを2つのミッション難易度で操作した場合の操作の違い、効用が確認されました。パイロットは、連続した飛行/航行制御を行いながら、8つの違ったデータ入力タスクをそれぞれに入力方法により行いました。結果は、タスク完了時間、タスク精度、飛行/航行操縦、パイロットのレーティング全てにおいて、スピーチ入力が著しく手入力に優れる事を実証しました。タスク全体で、スピーチ入力は、約40%データ入力時間を削減しました。

Task Number of Steps to Complete Mean Completion Time (Seconds) Savings 
Manual Speech Manual  Speech Seconds  Percent 
Level Off Checklist 23 6 56.17 34.74 21.43 38.15
Emergency Waypoint 10 2 23.55 13.5 10.05 42.67
Datalink Board Overheat 31 23 20.76 11.16 9.6 46.24
Icing 25 7 44.12 30.45 13.67 30.98
音声制御UAVステーションの利点

  • 良好な状況把握
  • 良好な安全チェックとチェックリスト管理
  • データ入力エラーの削減**
  • トレーニングの速期完了とパイロット要件不要
  • パイロットとペイロード専門家の1名での運用
  • 操作員の標準化の促進

**USAFRL Study: Manual Versus Speech Input for Unmanned Air Vehicle Control Station Operations (2003)

シミュレータ用システム

シミュレーションが、オペレータ トレーニングで主要な役割を演じない唯一のプロフェッショナル分野が存在します。シミュレーションは、トレーニング社会に広く誠心誠意普及しており、全てのトレーニング段階に普及しています。しかしながら、現代のシミュレーターは進歩しましたが、無線電話コミュニケーションの環境では、改善の余地が残されています。

Adacel のICEシステムは、タンクシミュレータ、ドライビングシミュレータ、エアーサポートシミュレータ、空中給油シミュレータ、航空管制シミュレータなどに適用出来ます。コンピュータ生成軍(CGF)との高忠実度な相互動作が可能であり、教官が主要タスクに専念し、シミュレータ操作員のマンパワー低減を行う事が出来ます。

ICEは、全世界で100以上のATCシミュレータに利用されており、高空域交通管制制御に利用した場合、98%の認識精度を達成しています。これ以外のICEのアプリケーションとして、操船シミュレータ、車両シミュレータ、CGF、CBTなどが考えられます。航空関係の利用には、下記のようなものがあります。

  • 飛行訓練用自動 ATC コントロール&コミュニケーションシミュレータ - ICE ATCiB
  • 英語利用の航空交話トレーニング&評価 - ICE Pilot
  • 空中給油
  • 近接航空支援
  • 編隊飛行
  • 要撃/防空